脳卒中患者の看護

~適切なリハビリとADL向上に向けた看護ケア〜

脳卒中は突然発症し、生命の危機や重篤な後遺症が残る可能性のある疾患のため、予防や早期発見することが大切です。また、症状に応じた看護や適切なケアを行い、重篤化を回避したり、障害の機能回復を促したりする必要があります。病期や障害部位・程度によっても対応が異なるため、個別性のある看護が求められます。脳卒中の看護の基本を学び、患者さんに寄り添った看護が行えるようにしていきましょう。

セミナープログラム

1,脳卒中の予防と早期発見

2,脳卒中の病期に応じた看護

3,症状の観察、ケア
  意識障害、麻痺、嚥下障害、高次脳機能障害

4,リハビリテーション看護
  急性期、回復期

セミナー講師プロフィール

独立行政法人国立病院機構村山医療センター
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

平賀 歩

独立行政法人国立病院機構西埼玉中央病院の脳神経外科に2年6ヵ月勤務を経て、独立行政法人国立病院機構村山医療センターへ転任。回復期リハビリテーション病棟へ配属となる。令和元年9月に脳卒中リハビリテーション看護認定看護師に登録され、現在は地域包括ケア病棟にて副看護師長として勤務している。


受講者の声

●初開催のため、現在【受講者の声】は掲載しておりません
開催日時 2023年2月26日(日) ~ 2023年3月5日(日) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 平賀 歩
申込締切日 2023年2月16日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ