バイタルサインを活かして! 急変を防げ!

~Drコール? 様子観察? 急変の予兆について考える~

急変なんてありえない!?急変には必ず予兆があります。いち早くその予兆に気づけば急変を防げるかもしれません。その鍵がバイタルサインにあります。急変にあたったことがない、夜勤が不安、後輩への指導、急変は内科病棟でも外科病棟でもどこでも起こりえます。
状態の悪い患者さんのバイタルサインはどこをみればいいのでしょうか?急変に至ったプロセスはバイタルサインにある。
このセミナーでは、病棟での血圧・心電図・SpO2などのモニタリングについて考え、このあと起こる“急変”の予兆について考えてみたいと思います。

セミナープログラム

1、血圧を考える

○血圧を生み出す心臓
 心臓が働くための3つのキーワード

○ショック!? まずは手と足を触って

2、ショックってどんな状態?

○ショック=低血圧ではない!

○もっとはやく対処しとけば・・・
 なんて後悔したくない!

3、Drコールを考える

4、座学で考える心肺蘇生のコツ

5、SpO2を考える

6、これだけは抑えておこう!
  キケンな心電図

セミナー講師プロフィール

【このセミナーは以下の方々にオススメです!】

・夜勤に入る前♯夜勤が不安な方
・リーダーになる前の方♯実習指導者になる前に
・チューターになる前に
・循環器病棟、ICUの若手スタッフや配属前に
・救急の若手スタッフや配属前に
・急変事例検討に
・今さら聞けない
・こっそり勉強したい

【ぜひこの機会にご参加ください。】


医療法人新生会高の原中央病院
かんさいハートセンター・MEセンター
センター長
臨床工学技士
WCCM(西日本コメディカルカテーテルミーティング)世話人

野崎 暢仁

受講者の声

●素晴らしい講師に出会えました!呼吸器内科に勤務していますが循環器疾患がベースにある患者も沢山います。心電図これからアセスメントできそうです。ありがとうございました。
〔看護師 職歴 2年〕
-------------------------------------------------------------------------
●要点が簡潔にまとめてありとても分かりやすかった。資料もとても見やすく分かりやすかった。日頃から疑問に思っていたことが解決できよかったです。今日の講師の方はおもしろかったです。
〔看護師 職歴 20年〕
-------------------------------------------------------------------------
●心電図苦手でしたが、すごく分かりやすくて理解できました。急性期病棟なので、ショックバイタルに陥る患者も少なくはないですが、全て我々のカニ化の見逃しによることだったんだと反省しております。明日からの仕事に役立てたいです。
〔看護師 職歴 2年〕
-------------------------------------------------------------------------
●図形や表などを用いて、細かく丁寧に説明して下さり、とても分かりやすく理解を深めることができました。モニターに表示されている数値だけの評価ではなく、自分自身の手で患者の身体に触れてバイタルサインを感じることの大切さを学ぶことができました。今日このセミナーに参加して本当によかったと感じています。
〔看護師 職歴 2年〕
-------------------------------------------------------------------------
●BLS担当で病棟で勉強会を行うため、今日学んだことを病棟スタッフに伝えていけるようにしたいと思います。とても分かりやすく学んだことを活かしていきたいと思います。
〔看護師 職歴 10年〕
-------------------------------------------------------------------------
●血圧の数字だけで何かを判断するのはだめだなと感じました。これから検温する時に、手と足に触れさせていただこうかと思います。まだモニター画面の見方を勉強できていないですが、圧波形の見方を教えていただいたので、それだけでも見ていきたいなと思いました。これから活かせそうな内容ばかりでとても良かったです。
〔看護師 職歴 1年〕
-------------------------------------------------------------------------
●資料が分かりやすくまとめられており理解しやすいものだった。講師も端的にまとめて話してくださり聴きやすかった。常にバイタル・バイタルと普段から言葉にしているが、とても重要であり数字にとらわれるのではなく、モニター、Pt状況も合わせた、統合したフィジカルアセスメントが必要であることを改めて知れた。
〔看護師 職歴 3年〕
-------------------------------------------------------------------------
●私は病院ではないので、薬を使ったり心電図もありませんが、ショックの起こる仕組みやパルスオキシメーターのこと、胸骨圧迫のことなど知れてとても良かったです。代償性反応の話も勉強になりました。
〔看護師 職歴 8年(介護施設Ns)〕
-------------------------------------------------------------------------
●分かりやすい説明と見やすいスライドでとても勉強になりました。難しいこともイメージしやすいものに変えた説明にしてもらえて分かりやすかったです。
〔看護師 職歴 5年〕
開催日時 2019年10月3日(木) 13:00 ~ 16:30
会場 広島県 広島市中区加古町 4-17
【広島】 アステールプラザ 4階大会議室AB
講師 野崎 暢仁
申込締切日 2019年9月27日

参加費:¥ 8,250 税込

申し訳ございませんが、受付を終了させて頂きました。
必須

〔拡大地図を表示〕をクリックすると大きな地図でご確認いただけます。
  • セミナー講師募集
このページの先頭へ