事例で学ぶ!ナラティブ・ベイスド・ケア

~ナラティブ(物語)に基づくケアの方法〜

日頃、私たちがさりげなく行っている、患者・利用者を観察する力や、その人の思いや気持ちに寄り添う力。それらは、生活やそれまでの人生を見て、発する言葉に耳を傾け、その「人」を理解しているからこそ、自立支援やエンパワメントといった、より効果的なケアにつながります。
「ナラティブ・ベイスド・ケア」は「人 対 人」の関わりから生まれます。そして、その人の「ナラティブ」を知れば、関わり方や声の掛け方のヒントが見出せるのです。
「ナラティブ・ベイスド・ケア」を実践するために、どのようなプロセスで、具体的にどのような関わりが有効なのか、事例を用いてお伝えします。

セミナープログラム

1,ナラティブ・ベイスド・ケアとは

2,ナラティブに基づくケア・支援が必要な理由

3,一人ひとりのナラティブを引き出すプロセス

4,認知症の人へのナラティブに寄り添った
  アプローチ

5,ACPに活かす
  「ナラティブ・ベイスド・ケア」

セミナー講師プロフィール

北村 恵子

浅井東診療所 看護師
認知症上級ケア専門士 終末期ケア専門士

大学病院の脳神経外科、介護老人保健施設の認知症棟での勤務で、認知症ケアや看取りケアを実践。多職種連携、認知症の方の看取りケアについて多数発表。
現在は滋賀県長浜市にある浅井東診療所で、人生の大切な時間を医療の面から支える地域の健康拠点として、家庭医療専門医と共に地域住民の生き方・暮らし方・生活を支えている。
認知症ケアにおいては「認知症の方が見ている世界観」を大切にした関わりが支持され、講師・研修等で数々の事例を用いた解説を行う。



※ 全画面表示は歯車マークの右隣、矢印ボタンをクリックしてください。




受講者の声

●退院支援看護師として、日々、奮闘です。感染症対策のため、入院は、患者・家族を切り離してしまうような状況もあります。今回のセミナーで、うんうん、そうそう、と思う部分も多く、さらに自らをバージョンアップできたらと感じました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●重症心身障害児者の施設で働いています。
最近施設内でACPが取り入れられ始めました。施設の利用者さんたちは自分のことをお話しできる人が少ないため、情報を得るためには家族との繋がりがとても大切になります。今まで利用者さんが歩んできたこと、昔好きだったもの、それに付随するご家族の思いや希望などを基にケアを考えることがとても重要なのだと実感していたので、今回の講義も大切な事ばかりだと感じました。
自分の意見を発することが難しい重症心身障害児者の方だからこその困難さも痛感する日々ですが、いつかくる見取りのとき、ご家族もスタッフも納得のいく最期を迎えられるよう、今を大切にして関わっていきたいと思いました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●グリーフケアからナラティブアプローチについて知り、ナラティブケアについて知りたいと思い受講しました。とても分かりやすく、日々のかかわりの中で役立てていきたいと思いました。ありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●具体的な事例の紹介があり、学びが深まりました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
開催日時 2023年2月26日(日) ~ 2023年3月5日(日) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 北村 恵子
申込締切日 2023年2月16日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ