慢性腎臓病(CKD)看護

~長期的療養が必要な患者支援のポイント〜

“CKD is Common, Harmful, and Treatable”と言われるように、わが国において慢性腎臓病(CKD)は、成人の8人に1人が罹患する国民病となりました。高齢化の進展を加え、CKDは糖尿病や高血圧、脂質異常などの生活習慣が背景因子になることが多く、末期腎不全に至る前に心血管系合併症を起こす危険があります。しかしながら、早期に適切な治療や療養を始めることで、重篤な合併症を予防し、腎臓病の進行を遅らせることができます。腎不全に携わる看護師はそれ以前の慢性腎臓病の段階から予防的な視点をもち長期にわたる様々な場面において包括的に看護を提供することが求められます。

セミナープログラム

1,慢性腎臓病(CKD)とは
 1)CKD定義、診断検査
 2)腎臓の働き、原因疾患
 3)CKDの疫学とCKD対策

2,慢性期看護と腎臓病看護
 1)慢性性とは
 2)CKDとともに歩むための支援

3,CKDステージ別療養支援
 1)療養指導の基本姿勢
 2)セルフモニタリングとマネジメント
 3)各ステージの管理と生活指導
 4)行動変容支援

4,腎代替療法と意思決定支援
 1)腎代替療法
 2)SDMとACP
 3)倫理的視点をもつために

5,慢性腎臓病看護教育
 1)専門性とラダー教育 
 2)多職種連携

セミナー講師プロフィール

名古屋大学医学部附属病院 看護部
慢性疾患看護専門看護師
サブスペシャリティ:慢性腎臓病看護

高井 奈美

日本腎不全看護学会 庶務理事
日本腎不全看護学会が認定する慢性腎臓病療養指導看護師のテキスト本でもある第6版慢性腎臓病看護の編集責任者を担う。



※ 全画面表示は歯車マークの右隣、矢印ボタンをクリックしてください。




受講者の声

●CKD患者の支援について、疾患のみならず社会状況や患者の立場、看護の視点や関わり方などたくさん学ばせていただきました。腎臓内科に配属されまだ日が浅く、高齢者の割合が非常に多いことに驚きとともに疲弊していた私にとって、うなずきながら学べる講義内容でした。
〔看護師 職歴 5年以上〕 
------------------------------------------------------------

●難しい内容も多かったが、SDMやCKMなど知りたかったこと、学びたいと思っていたことも理解に繋がった気がします。
〔看護師 職歴 5年以上〕 
------------------------------------------------------------
開催日時 2023年2月5日(日) ~ 2023年2月12日(日) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 高井 奈美
申込締切日 2023年1月26日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ