臨床につなぐ 心電図の基本と実践的解読

~基本を学んで!いかに臨床に活かすかに焦点を当てて解説します~

「心電図を読む」ことばかりに意識がいっていませんか?教科書的に「心電図を読む」ことになることは大切なことだとは思いますが、我々は心電図を読んて、それを実践の臨床の現場でどう活用するかが求められます。
 例えば、この心電図は危険な不整脈だから医師に緊急コールをしなくてはいけないのか?それとも、経過観察で大丈夫なのか?などと判断が求められます。
 心電図について基礎的な知識は必要ですが、非常にマニアックな専門的な知識までは一般的な看護師では求められていないと思いますので、このセミナーでは「心電図の基礎とそれをいかに臨床に活かすか」といったことに焦点をあてて分かりやすく解説していきたいと思います。

セミナープログラム

1,ナースとして心電図を理解する
①モニター心電図の目的
②心拍数みていますか?
③刺激伝導系の基礎
④洞調律
⑤徐脈
・洞不全症候群
・房室ブロック
⑥上室性頻脈
・PSVT
・心房細動:AF
・心房粗動:AFL
⑦致死性不整脈
・VT
・VF
・PEA
・心停止

2,事例
  臨床につなぐ心電図とアセスメント

3,まとめ

セミナー講師プロフィール

昭和大学藤が丘病院
集中治療センター
集中ケア認定看護師
 
 髙野 洋

1997年
昭和大学集中治療部 入職
2003年
集中ケア認定看護師 取得
2014年
昭和大学藤が丘病院
集中治療センター 勤務
2018年
循環器内科病棟に異動
現在に至る


受講者の声

●現在「受講者の声」は掲載しておりません。
開催日時 2022年9月23日(金) ~ 2022年9月25日(日) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 髙野 洋
申込締切日 2022年9月13日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ