血液透析の基礎と観察のポイント

~透析をやる前、やる時、やった後~

本セミナーは透析室の看護師さんはもちろん、透析患者さんを受け持つ一般病棟の看護師さんが知りたい「透析で何をして終わった患者さんはどう変化するのか?」に着目しています。
透析をしたら血液がきれいになって元気になるはずなのに、なぜか患者さんはぐったりしている?透析前中後で患者さんに何が起きてて何を見ればいいのか?

本セミナーは透析中だけではなく透析前後の変化を学ぶことでどこを観察すべきなのか、そんな疑問を解決します。

セミナープログラム

1,腎臓の解剖生理と腎機能障害

2,血液透析で知っておきたい知識と用語

①透析患者さんを観察する上で必要な知識や
 用語を理解しよう

3,データの読み方活かし方

①透析患者さんを観察する上で必要なデータ
 を評価しよう

4,透析をやる前、やる時、やった後

①透析をやる前の患者さんはこんな状態
②透析中に身体の中でこんな変化が起きている
③透析をすると患者さんにはこんな変化が現れる

セミナー講師プロフィール

【このセミナーは以下の方におすすめです!】
・透析室で働き始めた人
・透析患者さんを受け持つ人
・透析患者さんの血液データを読みたい人
・透析の合併症と観察ポイントを知りたい人

神戸市立医療センター中央市民病院
透析技術認定士
臨床工学技術部
呼吸治療専門臨床工学技士
呼吸ケア研究会WARC代表世話人
メディカ出版編集協力委員

石橋 一馬(いしばし かずま)



※ 全画面表示は歯車マークの右隣、矢印ボタンをクリックしてください。




担当講師の関連商品はこちらでチェック!

受講者の声

●現在「受講者の声」は掲載しておりません
開催日時 2022年9月17日(土) ~ 2022年9月19日(月) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 石橋 一馬
申込締切日 2022年9月7日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ