生活に寄り添う慢性腎臓病患者の看護

~生きるための治療選択を支える~

慢性腎臓病(以下 chronic kidney disease:CKD)は、国民の8人に1人が発症し、新たな国民病といわれています。いまや、外来、病棟、救急外来、訪問看護などあらゆる看護の現場で、CKDの患者さんの対応をすることがあると思います。CKDは、治癒は得られませんが適切な治療管理を行うことで末期腎不全から透析に至る時期を先延ばしにすることができます。しかし、CKDが進行し、高度な腎機能低下がみられる場合、血液透析や腹膜透析、もしくは腎移植といった腎代替療法をなくして生命を維持することは不可能となります。
 この講義では、慢性腎臓病患者に対する看護として、透析に至る前のCKD患者さんの療養生活の支援と、腎代替療法を選択するための療法選択支援のポイントをお話しします。生涯続く治療に対して「透析はやりたくない」「機械で生かされるなんて・・・」と否認したり、悲観したり、怒ったりする患者さんに対して、どのように向き合うべきか、事例を用いて説明をしていきます。
 生き方の選択を支援する重要な役割を持つ腎不全看護のヒントとして、皆さまの臨床実践にお役立てください。

セミナープログラム

1,慢性腎臓病とは

2,透析導入原疾患:トップ3

3,CKD 療養生活支援

4,腎代替療法選択支援

セミナー講師プロフィール

地方独立行政法人長野市民病院 看護主任
透析看護認定看護師
腎臓病療養指導士
腎代替療法専門指導士

飯田 美沙

2021年
長野県看護大学大学院看護学研究科成人看護学分野 博士前期課程修了

役割
長野県腎不全看護連絡会 代表
長野県腎臓病療養指導士の会 幹事
日本腎不全看護学会 第4期理事 看護研究女性審査委員長
第28回日本腹膜透析学会プログラム委員
日本腎臓病教会 教育小委員会委員


受講者の声

●初開催のため、現在「受講者の声」は掲載しておりません
開催日時 2022年9月9日(金) ~ 2022年9月11日(日) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 飯田 美沙
申込締切日 2022年8月30日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ